京都のれんが作る暖簾のデザイン

暖簾を楽しむたのめの知識

京都のれんの商品は、手書きによるものや無地をメインにしているものが多数あります。
1枚1枚を手で製作しているため、同じものは世界で一つだけということになります。

暖簾のデザインには、梟に南天・梟に月・いのしし・丸・昇り鯉・鷲など実に様々なものがあり、
おめでたいものも含まれているため目を奪われます。

こういった暖簾を店先にかけるだけで雰囲気や格調を手軽に改善することができるのは、大きな魅力ではないでしょうか。

しかも、京都のれんのデザインは、落ち着きのあるものばかりで年数を経ても味わいを増す魅力を秘めています。
店頭のリニューアルをするには大掛かりな工期や費用がかかってしまいますが、暖簾をかけるだけで
お店の外観を大きく変えられるようになるのは、得策でしょう。

外観が変わる

暖簾ですので、お客様が出入りする際にも目に留まりやすく伝統的なデザインに目を奪われるようになることで、
印象に残るお店になりやすいメリットも得られます。

ありきたりではなく、絵師による手書きのものが持つ独特の世界観があるので魅了されるものです。
大量生産のものとは明らかに異なる深い味わいを感じさせてくれるのは、京都のれんの持つ総合的な職人技なくしては実現できません。

色の強弱や筆先の繊細な動きを感じ取れる暖簾は、その姿に息を飲むほどの美しさを感じられるものですので、
日本ならではの優れた技法が今に息づいていることを確かに実感できるようになるものです。
職人の技

 

染色技法     染料との違い    暖簾の意味    おしぼり代わり    人気の素材    目を引く    独自の世界観    マップ